Free NZ shipping for orders over $50
FREE 3 DAY* DHL SHIPPING ORDERS OVER $100 *average days to main cities in OZ.
FREE 3 DAY DHL SHIPPING ORDERS OVER $150. Under $150 orders only $25
New Myle V4 stock just arrived!
Vaping vs. IQOS:日本人喫煙者のための電子タバコガイド

Vaping vs. IQOS:日本人喫煙者のための電子タバコガイド

最近の推計では、世界中で約4,100万人 が禁煙し、代わりに電子タバコを使用していると言われています。 しかし、日本では、世界の他の地域のようにvapeを吸うという選択肢はなく、 少なくとも、それは簡単な選択肢ではありません。 日本政府はニコチンを医薬品とみなしています。 日本でニコチン入りリキッドを製造・販売することは違法です。 しかし、個人使用の目的で限られた量のニコチン入りリキッドの輸入は許可されています。 その事実を念頭に置いて、現在タバコを吸っていて、日本で禁煙の代替品を探しているならば、選択肢は3つあります。

  • 日本では、合法的に購入できるIQOS®のような不燃性タイプの喫煙システムを購入できるので非常に人気があります。
  • 日本全国で一般的に販売されているリキッドは、ニコチンが入っていないタイプを購入できます。
  • Premium Vapeのような海外業者からニコチン入りリキッドを輸入することができます。 日本の法律では、1ヶ月に120mlまでリキッドを個人輸入することができます(参考:質問63を参照)。). 120mlを超える量のニコチン入りリキッドを輸入するには、麻薬取締証明書を取得する必要があります。

だから、Vape vs IQOS®の選択を与えられた、あなたにとってどちらがよい良い選択肢ですか? 両者を比較検討してみましょう。

もくじ

  • IQOS®の仕組み
  • Vapeの仕組み
  • VapeもIQOS®もタバコを吸うより大変
  • IQOS®にもタバコ税を課す日本
  • VapeとIQOS®は害を減らしているかもしれないが、でもIQOS®はタバコの一種
    • IQOS®は、喫煙よりも有害性が少ないかもしれない
    • Vapeは、喫煙よりも“かなり“有害性が少ないかもしれない
    • タバコの害を減らす上でのVapeとIQOS®の比較
  • フレーバーにおけるVapeとIQOS®の比較
  • ニコチン放出や満足感におけるVapeとIQOS®の比較
  • IQOS®は、日本でリキッドを購入するよりも簡単
  • IQOS®は、タバコ産業の製品
  • IQOS®はvapeよりも多くの環境廃棄物を排出

IQOS®の仕組み

IQOS®システムは、基本的にポータブルな電池式ヒーターで、ヒーターに差し込むタバコのようなスティックはヒートスティックと呼ばれています。 ヒートスティックは、フィルター付きの短いタバコのようなものです。 プラグの底まで充填され、プロピレングリコール含有のタバコに戻されています。 ヒートスティックをIQOS®ホルダーに挿入すると、加熱ブレードがタバコのプラグを貫通します。

ヒートスティックを挿入したら、IQOS®ホルダーの電源を入れます。 ヒーターは、タバコを炙るのに十分な温度まで温まりますが、タバコを燃やすほどの温度ではありません。 ヒーターはヒートスティック内のプロピレングリコールを気化させ、プロピレングリコールの蒸気がニコチンとタバコの風味を口と肺に運びます。

標準的なIQOS®ホルダーは、一度に喫煙1本分だけ持続します。 1本分とは、6分または14パフまでです。 IQOS®を使用した喫煙後、充電のためにホルダーをパックに戻します。

Vapeの仕組み

IQOS®のように、vapeも加熱することによって動作しますが、この場合、加熱されている物質は、刻みたばこが含まれていない液体です。 vapeデバイスで使用されるリキッドは、通常、植物性グリセリン、プロピレングリコール、香料、ニコチンが含まれます。

Vapeを吸う際、デバイスのタンクやポッド内の熱線が沸騰して気化するまでリキッドを熱します。 蒸気を吸い込むと、ニコチンは肺を介して血流に吸収します。

vapeデバイスは、そのリキッドをポッドまたはタンクに貯蔵し、バッテリは熱線に電力を供給します。 一般的なvapeに使用するバッテリは十分な容量があるので、いくつかの気化プロセスへ電力を供給できます。

これら2つの煙のない代替品の仕組みを理解したところで、より詳しくvape vs IQOS®の違いを検討してみましょう。

VapeもIQOS®もタバコを吸うより大変

喫煙に関して考える必要のないことの1つは、ニコチンを体内に取り込むために必要な労力です。 パッケージされたタバコは、使用のためにタバコを準備する決まったやり方を完全に排除しています。タバコを巻いたりパイプを詰めたりする必要はありません。 比較すると、vapeとIQOS ®はどちらもタバコを吸うより少し複雑です。

IQOS®では、喫煙する前に、ホルダーにヒートスティックを挿入し、ホルダーの電源を入れる必要があります。 標準のIQOS®デバイスを持っている場合は、喫煙のたびにホルダーをケースに戻して充電することも忘れてはなりません。 充電ケースはIQOS®ホルダーを最大20回まで充電でき、毎日充電する必要があります。

vapeを吸うときは、デバイスを充電し、ニコチンポッドを交換したり定期的にタンクに充填したりする必要があります。 しかし、vapeの吸い方次第で、これらの事を一日一回しか行う必要がないかもしれません。

vapeとIQOS®はどちらもタバコを吸うよりも努力が必要ですが、vapeの方がIQOS®を使うよりも少しだけ努力が必要だと言ってもいいでしょう。

IQOS®にもタバコ税を課す日本

日本政府はIQOS®のような熱で燃えないタバコ製品の販売に課税していますが、税率は従来のタバコの税率よりも低くなっています。 2017年、日本政府は、今後数年かけて段階的に すべてのタバコ製品に増税すること を発表しました。 一方、リキッドはたばこ税の対象外となります。 さらに、日本の関税表の条項では、 タバコ製品に関する輸入税を説明していますが、リキッドについて全く触れられていません。

VapeとIQOS®は害を減らしているかもしれないが、でもIQOS®はタバコの一種

すでにご存じのように、タバコを吸うと、がんや心血管疾患を発症するリスクが大幅に高まります。 喫煙は世界で最も予防可能な死因となっています。 日本だけでも、 15万7千人以上 の人々がタバコの喫煙で毎年死亡しています。 vapeとIQOS®はどちらも喫煙の害を減らす可能性がありますが、どちらも比較的新しいニコチン消費法です。 また、vapeとIQOS®の長期的なリスクはまだ完全にはわかっていません。

IQOS®は、喫煙よりも有害性が少ないかもしれない

フィリップモリス・インターナショナルによると、IQOS®が煙を出さないということは、IQOS®を使用することで、タバコの煙に比べて有害な化学物質のレベルが「大幅に減少」することを意味しています。 しかし、有害な化合物への曝露が減少したからといって、全く曝露がないわけではありません。 例えば、米国のFDA(食品医薬品局)では、 IQOS®をリスク低減製品として 販売する同社の許可申請を承認していません。 IQOS®を使用することは、タバコが燃えなくても、タバコを使用していることに変わりはありません。

Vapeは、喫煙よりも“かなり“有害性が少ないかもしれない

一方で、vapeを吸う際、全く刻みたばこを使用していません。 むしろ、タバコから抽出したニコチンに植物性グリセリン、プロピレングリコール、食品グレードの香料を加えたものを使用しています。 タバコの煙草のように、数百年分の電子タバコに関する使用データがありません。 VAPEは10年以上存在していますが、それは多くの臨床研究の対象とされています。 例えば、イギリスの保険制度では、vapeは喫煙よりも 有害性が95%少ないので、喫煙者が完全に禁煙できないならば、彼らに電子タバコに切り替えるよう奨励しているようです。

タバコの害を減らす上でのVapeとIQOS®の比較

IQOS®は、vapeを許可していない国での喫煙の害を減らす上で最大の可能性があります。 例えば、ボストン大学の公衆衛生研究者マイケル・シーゲル博士は、電子タバコがまだ米国で入手できなかったならば、IQOS®は、そこでは「一歩前進」になるだろうと述べています。 シーゲル博士は、IQOS®がvapeを吸っている人をタバコへ戻るよう促しているならば、タバコリスクの原因の低減に役立たないとも述べています。

2018年11月、医学誌「アディクション」は、研究者が電子タバコ、IQOS®と従来のタバコの排出物を比較 した研究結果を発表しました。 研究者たちは、カルボニルと呼ばれる既知の発がん性物質の存在について排出物を検査しました。 これらの化合物には、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アクロレインが含まれています。 研究者は以下のように結論付けました:

  • IQOS®は、従来のタバコよりも85~95%少ない濃度でカルボニルを放出する。
  • 電子タバコは、従来のタバコよりもカルボニル濃度が97-99%以上低い

この研究結果は、IQOS®は喫煙よりも有害性が低いかもしれませんが、vapeはIQOS®よりも有害性がかなり低いことを示しています。

フレーバーにおけるVapeとIQOS®の比較

私たちは、あなたが選ぶタバコの代替品をどのような味にしたいかすでにわかっています。あなたが現在吸っているタバコと同じ味にしたいと思っているはずです。 しかし、製品を選ぶ前に、IQOS®やvapeではタバコと全く同じ味が得られないことを知っておく必要があります。 IQOS®はタバコを含んでいるため、タバコの風味に近いものとなっています。 けれども、タバコは燃えないので、可燃性のタバコのような煙の風味は得られません。 しかしながら、多くのタバコ愛好家は、IQOS®の風味に満足していると述べています。

一方、電子タバコは、タバコが含まれていないのでタバコのような味はしません。 リキッドメーカーの熟練したフレーバーブレンダーは、様々な方法でタバコの味にかなり近く模倣したVAPEジュースをやっと作れました。 しかし、タバコのような電子タバコの味を作るVAPEジュースはありません。

Vapeジュースに含まれる本物のタバコの味の欠如は表面的には欠点のように思われるかもしれませんが、リキッドはIQOS®を含むタバコができる多くのことができることを覚えておいてください。 リキッドメーカーは、食品グレードのフレーバーを使用しており、キャンディ、ソーダ、スナック業界の企業が使用できる同じフレーバーを使用しています。 リキッドは、フルーツ、ビスケット類、ソフトドリンクなどのようなフレーバーを味わうことができ、世界には何千もの様々なVAPEジュースフレーバーがあります。

ほとんどの喫煙者はタバコの味が好きなわけではありません。 ニコチン中毒がそれ自体を強めているせいで、彼らはタバコ味が好きになるように支配されているだけです。 リキッドのフレーバーの広い世界を探索している数週間後には、おそらくタバコを全く恋しくなることはなくなるでしょう。

ニコチン放出や満足感におけるVapeとIQOS®の比較

IQOS®は、タバコ大手のフィリップモリス・インターナショナル社の製品です。 PMIは、IQOS®ヒートスティックをMarlboro®ブランドで販売していますが、同社は、ユーザーがIQOS®をMarlboro®と直接比較して、風味や満足度の面で比較していることをわかっています。 タバコを吸っているのと大差ないと感じるニコチンヒットをIQOS®に期待できます。

vapeは、比較しても喫煙と同じように感じることはありません。 JUUL®のような一部のニコチン濃度の高いvape製品は、ニコチンを提供するタバコとほぼ同じくらいの効果ですが、vape製品のほとんどは、低いニコチン濃度で提供しています。 前述の通り、血中ニコチン濃度を低く調整するのに数日かかり、その調整が終わった後は、高いニコチン濃度を望むことは全くありません。 リキッドポッドやジュースを購入するときは、ニコチン濃度を選ぶことができ、望むなら、ゆっくりニコチン摂取量を減らせられます。 IQOS®は、ニコチン濃度を選べません。

IQOS®は、日本でリキッドを購入するよりも簡単

前述の通り、日本でニコチン入りリキッドを購入するには、海外からの輸入が唯一の合法的な方法です。 ここPremium Vapeでは、日本への迅速な配送を可能にしているので、迅速にリキッドをお届けできます。 また、IQOS®ユーザーであれば、どれを使うかと比較してもVAPEを選べば安く済ませられます。 とはいえ、日本の小売店では合法的にIQOS®を販売することができるので、IQOS®を購入する方が便利です。

IQOS®は、タバコ産業の製品

IQOS® vs vapeで比較するとき、知っておくべき最も重要な事実の一つは、IQOS®はタバコ産業の製品であるということです。 タバコ産業は、故意に-そして合法的に-顧客を殺す製品を製造し、販売している世界で唯一の産業です。 長年にわたり、タバコ会社は自社製品の有害な影響について嘘をついてきました。 フィリップモリスは、 マルボロ®タバコに含まれる ニコチンをフリーベース化するためにアンモニアを使用していました。 このアンモニアはMarlboro®ブランドをより中毒性の高いものにし、Marlboro®を世界で最も人気のあるタバコにするのに貢献しました。 フリーベースのニコチンはMarlboro®の「秘密」であり、フィリップモリスは長年にわたってその秘密を守ってきました。

多くの喫煙者がタバコ産業に不信感を抱いているのは、タバコ産業が存在する限り、世界中のタバコ会社が顧客を粗末に扱ってきたからです。 IQOS®はタバコ産業の製品であり、フィリップモリス・インターナショナルの歴史は、PMIがIQOS®を誠実に販売することを信頼できないことを示唆しています。

また、フィリップモリスはJUUL®の一部を保有しています。 IQOS® vs JUUL®で比較すると、両社の製品が所有または部分的にタバコ産業に所有されていることを知っておく必要があります。 しかし、vape業界のほとんどの企業は独立しています。 もしあなたがタバコ産業へのサポートを避けたい場合は、IQOS®を購入するよりもvapeの方が良いでしょう。

IQOS®はvapeよりも多くの環境廃棄物を排出

世界中でタバコの吸殻は、人々が廃棄する最も一般的なアイテムです。 毎年6兆本もの吸殻が埋め立てられ、路上や海岸、世界の海などに捨てられています。 これは、毎年約175,200トンの吸殻が廃棄されていることになります。 IQOS®ヒートスティックも同様に、生分解性のないフィルターを使用しているため、埋立地で廃棄されてしまいます。

VAPE業界では、タバコの吸い殻のようなJUUL®などのvapeデバイス用プレフィルド(充填済み)ポッドはリサイクルできないという同様の問題で苦しんでいます。 しかし、プラスチックとガラスのリキッドボトルは両方ともリサイクル可能です。 ボトル入りリキッドを購入して使用済みボトルをリサイクルするならば、 環境破壊の原因とならずにvapeを吸うことができます。

Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on pinterest
Pin it